About

AFFILIATION 大阪大学大学院 工学研究科 電気電子情報通信工学専攻 講師
ADDRESS 〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2−1電気系E3棟-513号室
E-MAIL kimura [at] comm.eng.osaka-u.ac.jp

私の略歴

1985年12月 京都府城陽市に生まれる
2004年3月 東大寺学園高等学校 卒業
2008年3月 京都大学工学部情報学科 卒業
2010年3月 京都大学大学院情報学研究科システム科学専攻 修士課程 修了
2010年4月 日本電信電話株式会社 NTTサービスインテグレーション基盤研究所 研究員
2014年7月 NTTネットワーク基盤技術研究所へ組織名変更
2015年10月 京都大学大学院情報学研究科システム科学専攻 博士後期課程 入学
2017年3月 同上短期修了
2018年8月
日本電信電話株式会社退職
2018年8月
大阪大学大学院工学研究科 講師(現職)

学位

  • 博士(情報学) 2017年3月修了
  • 学位論文: Studies on Asymptotic Analysis of GI/G/1-tyep Markov Chains
  • 指導教員: 京都大学大学院情報学研究科システム科学専攻 高橋豊 教授

受賞

2020年10月 電子情報通信学会 NS研究会 英語セッション奨励賞(English Session Awards)
2020年3月

電子情報通信学会 IN研究会 研究賞

2019年7月

電子情報通信学会 CQ研究会 研究賞

2016年11月 Best Paper Award MSWiM2016 (the 19th ACM International Conference on Modeling, Analysis and Simulation of Wireless and Mobile Systems)
2015年11月 日本オペレーションズ・リサーチ学会 待ち行列研究部会 論文賞
2011年11月 日本オペレーションズ・リサーチ学会 学生論文賞
2009年2月 日本オペレーションズ・リサーチ学会 待ち行列研究部会 研究奨励賞
2008年4月 日本オペレーションズ・リサーチ学会 「若手による OR 横断研究」
研究部会「若手研究交流会 2008」優秀研究発表賞

研究助成

  • 科学研究費(科研費)【代表】
    1. 若手研究, 「ユーザの分布が時空間上で非均質な無線ネットワークにおけるリアルタイム制御法の研究」, 課題番号:19K4981 , 2019-2021. 

学会活動/委員等

  • 電子情報通信学会 (IEICE)
    • NS研究会専門委員 (2018.4〜)
    • 超知性ネットワーキングに関する分野横断型研究会 RISING 実行委員 (2019, 2020) 
    • 2020年電子情報通信学会総合大会 シンポジウム(英語)セッション オーガナイザ
      • BS-1.In-Network Intelligence for Design, Management, and Control of Future Networks and Services
  • 日本オペレーションズ・リサーチ学会 (日本OR学会)
    • 日本OR学会 待ち行列研究部会 幹事 (2020, 2021) 
    • 待ち行列シンポジウム実行委員 (2014〜)
    • 日本OR学会OR学会関西支部運営委員 (2018〜) 
    • 日本OR学会2020年春季研究発表会 実行委員
  • IEEE
    • 関西支部 Student Activities Committee (SAC) member
  • NetSoft (IEEE International Conference on Network Softwarization)
    • Technical program committee (TPC) member (2021〜)
  •  VALUETOOLS
    • Technical program committee (TPC) member (2020〜)
  • QTNA (International Conference on Queueing Theory and Network Applications)
    • Technical program committee (TPC) member (2018〜)
    • Local organizing committee (LOC) member (2018)
  • ITC (International Teletraffic Congress)
    • Technical program committee (TPC) member (2017〜)